×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

消費者はなぜだまされるのか弁護士が見た悪質商法

消費者はなぜだまされるのか弁護士が見た悪質商法

悪質商法に引っかかるのは、「世間知らず」だから?実は被害者で最も多いのは、社会の第一線で活躍する男性サラリーマン。
いまや、誰もが悪質商法被害にあう可能性がある時代。
「自分だけは」と思っても、なぜ消費者はだまされてしまうのか。
悪質商法の何が問題なのか?どうすれば悪質商法はなくなるのか?数多くの消費者問題に取り組んできた弁護士が語る悪質商法の病理と、被害への対処法。
「言葉を使って政治を行う」のではない。
むしろ、政治家の言葉・発言は、政治のいとなみそのものなのだ。
しかもそれは、「真か偽か」の二値論理では測りきれない、嘘とまことのあわいで、微妙にずれ、あるいはねじれ、ぼかしとかわしのテクニックの応酬が展開される、高度かつ複雑怪奇な言葉の世界なのだ。
角栄から小泉まで、現代政治家の発言を検証、日本政治の特質を鮮やかに浮かび上がらせる!わが国初の民間マンションが分譲されてから、マンションの歴史は半世紀に達しようとしている。
この間、マンションは都市での生活スタイルを大きく変え、従来の戸建住宅にはなかった利便性と快適性を生み出してきた。
その反面、さまざまな問題も発生し、なかでも阪神淡路大震災によって大きくクローズアップされた建替え問題は、深刻なものとなっている。
区分所有法と管理組合、劣化現象と修繕など、多方面から問題に光をあて、マンションにおける集住と都市居住のこれからを考える。
今どき、好きな男に「好き」って言えない女なんているの? 意地を張らないで「欲しいものは欲しい」って言うのって大切なことよね。
そういう人のところに、いろんなものが吸い寄せられていくんだわ。
恋とセックス、友人関係、仕事、漫画、好きな動物たち、音楽……。
著者の初めての小説「ファザーファッカー」が出される前に書かれたさまざまなエッセイをここに集大成。
これ一冊でわかる、メニイ・サイド・オブ・内田春菊。
自筆イラスト31点も併せて収録。
「私は、一瞬ともいえるあいだに見せた母の強いけはいにたじろいだ。
そして、自分と母とのあいだにピンと張られた糸が、巨大な指の爪先にビンとはじかれたような幻想におちいった――」母と私がはじめて会ったのは高校卒業の直前だった。
新聞の上海特派員だった父は私の誕生前に腸チフスで死に、母は祖父・村松梢風の意志で、祖父の籍に入れられた私を残して他家へ嫁いだのだ……。
不安定な思いを抱きながら母とともに、幼児期を過ごした千駄ヶ谷の家を探し、上海を訪ねる自伝的長篇。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007514